★環境問題★ってどんなんだろう~


by kanatierra

ごみのおっちゃん

万博のテーマは「自然の叡智」

環境問題についてどのパピリオンも訴えていたんです。だから、私はてっきし、会場のお客さんは、環境問題について、少しくらい関心が高まったかと思ってた。はい、あまかった。

そう、人を感動させることは簡単でも(これも難しいけどね)、人の意識を変えることは難しい。それはあんなに、多額の費用と研究と技術を使っても、難しい。

私は環境に興味があったから、万博のいたるところにある環境配慮の立て札とか、説明かきとか読みまくって、写真にとりまくった。まあ、普通の人がそこまでやる必要はないけど、でもね、ゴミ分別くらいはちゃんとしてくれるんかと思ってましたよ。
だって、パピリオンからでてくる人って、環境って大切って感じてくれたって思ったから。身近なゴミ問題くらい、意識高まったかと思ってた。家に帰るころには忘れてても、会場内くらいは意識が高まってるかなって。はい、あまかった。

ゴミ箱の写真をとってました。そしたらvolunteerでゴミ箱のところでゴミ分別やってるおじいさんに話しかけられました。「なんで、そんなんとってるの?」って。「環境学部の生徒なんです。勉強の一貫で参考にしようかと」って答えました。
したら「あんたが初めてだよ」って笑っていろいろ話してくれました。
・お客さんが分別してくれないこと。分別項目すら読んでいないこと。。
・おじいさん的にはこのゴミ箱があまりいいデザインじゃないと思ってること。わかりずらいって。
・大阪の人はほんとに分別するきがないこと(あくまでおじいさんの印象)

して、「おじょうちゃん、環境のこと勉強してるんだったら、どうにかしてくれ。あんたが大人になったときの万博ではもっとちゃんとやってくれ。ちゃんと勉強してくれなっ。頼んだぞ」って。
おじいさん、ラジャ~!!!かなちゃんは頑張るよ。

volunteerご苦労様でした。おじいさんの気持ち忘れんからね!!きちんと勉強して頑張る!みんなのために、地球のために炎天下の中、ゴミ分
e0059708_21514752.jpg
別してくれて、ありがとうね。
[PR]
by kanatierra | 2005-09-24 21:53